歯周病について

歯を失うだけではありません

福岡市早良区南庄の歯科医院「おおたデンタルクリニック」では、地域のみなさんの口腔の健康維持のため高品質な診療をご提供しています。そのための診療の3本柱は「診査」「治療」「予防・メインテナンス」です。こちらではその中の「歯周病の治療」についてお話しします。歯周病は歯を失うことにつながるこわい病気です。しかもお口の中だけでなく、全身疾患との関連性も指摘されているのです。

日本人と歯周病

日本の成人の7割以上を悩ます歯周病とは?

日本の成人の7割以上を悩ます歯周病とは?

歯周病は広く蔓延している病気で、日本の成人が歯を失う原因の第1位です。まず歯周病の原因菌の作用により歯ぐきに炎症が起きます。炎症が進むと歯を支える歯周組織が破壊されていき顎の骨が溶かされていくので、支えを失った歯がグラつきだすのです。そしてやがては歯を失うことにつながります。

歯周病の初期段階ではほとんど自覚症状が現れません。そのために静かに進行してしまうのです。歯ぐきの腫れやブラッシング時の歯ぐきからの出血が現れたときにはすでにかなり進行しているといえます。そして放っておくとどんどん悪化してしまいます。

歯周病は全身疾患につながります

歯周病は全身疾患につながります

歯周病はお口の中だけの病気だと思われがちですが、近年では歯周病と全身疾患の関連が指摘されています。なかでも糖尿病にはさまざまな合併症がありますが歯周病もその一つと考えられています。糖尿病にかかると免疫力が低下するので感染症である歯周病が悪化しやすくなるのです。歯周病の治療により糖尿病の改善がみられることもあります。

ほかにも歯周病と全身疾患について心配な報告があります

ほかにも歯周病と全身疾患について心配な報告があります

メタボリックドミノについて

『メタボリックドミノ』という言葉をご存知でしょうか。
図の上流は歯学で、下流が医学です。図のように生活習慣が乱れてくると、後に高血圧や糖尿病・脂質異常症などの生活習慣病へと続いていきます。 このドミノが倒れ始め、放置すれば全部倒れてしまいます。ですので、なるべく上流で治療すれば早い段階で食い止める可能性が高くなり、逆に下流になればなるほど困難になります。その最も上流にあるのが、う蝕と歯周病なのです。
図からわかる通り、身体全体の健康には、歯の治療がいかに大事かが、おわかりいただけたでしょうか。
当院では、歯周病治療や予防にはとくに力を入れています。

メタボリックドミノについて

歯の残存歯数で、医療費がかわる?!

歯の残存歯数で、医療費がかわる?!

香川県歯科医師会の調査によると、40歳以上で自歯が「0〜4本残っている人」と「20本以上残っている人」の年間医療費には175,900円も差があることがわかりました。
自分の歯が多く残っている方が、断然医療費が安く済んでいることがデータで明らかになっています。

歯周病になりやすい人は?

歯周病の発症や進行にかかわる要因は3つに大きく分けることができます。それが「口腔内の細菌」「患者さんの抵抗力」、そして「患者さんを取り巻く環境」です。

口腔内の細菌

お口の中には700種類ともいわれるほどの細菌が潜んでいます。そのうちの「歯周病の原因菌」が多く存在していると歯周病のリスクが高まります。

患者さんの抵抗力

歯周病は感染症なので、全身の免疫力が低下すると歯周病リスクが高まります。

患者さんを取り巻く環境

「環境」とは、ストレスのかかり具合や肥満度、運動不足かどうか、睡眠時間は十分かなどのさまざまな要因が挙げられます。とくに男性の喫煙者は重度の歯周病にかかりやすく、非喫煙者を1とすると喫煙者は3倍以上のリスクがあるといわれているのです。

ひとりでは歯周病から歯を守れません

ひとりでは歯周病から歯を守れません

歯周病は、罹患のメカニズムがわかっているため予防が可能です。とはいえ、なかなかひとりでは対処できません。そこで活用していただきたいのが口腔ケアのプロフェッショナルによるさまざまな予防・メインテナンスメニューです。病気にかかってしまってから通院するのではなく、定期検診を受けていれば、すでに病気を発症してしまっていたとしても自覚症状に気づく前の初期段階ですので、治療は比較的かんたんです。歯周病の基本治療を行うことで完治を期待できます。しかし中等度以上の歯周病にまで悪化させてしまった場合には歯周外科治療を行わなければなりません。

日本と世界における歯の治療の考え方の違い

現在の日本の80歳の方に残っている歯の本数は平均12本。それに対して、歯の治療の先進国スウェーデンでは平均20本、アメリカでは17本というデータが出ています。
なぜこのような違いがあるのでしょうか。

日本と世界における歯の治療の考え方の違い

実は、日本ではまだ、定期的に予防として歯科に通うという考えが少なく、スウェーデンでは歯科定期検診の受診率は全国民の80%以上に対して、日本は10%未満で、問題がある時だけの受診をしていない人が多いのが現状なのです。
歯周病の治療も、一時的に治療をして、「治療が終わった」ではなく、ここから「継続」をしていかないといけません。

日本と世界における歯の治療の考え方の違い

ご自身での毎日のブラッシングはもちろんですが、定期的に歯科医院で健診やメインテナンスを行い、お口の健康を長く維持していきましょう。

ずっと口腔ケアしてくれる歯科医師を見つけてください

ずっと口腔ケアしてくれる歯科医師を見つけてください

口腔内の健康を維持するため大切なのは信頼のおける歯科医院に通うことです。しかしどの歯科医師が信頼をおけるのかは、実際に診療を受けてみないとわかりません。「信頼のおける歯科医師」とは、患者さんのことを主体に考えている歯医者といえます。一生ご自分の歯で過ごすことができるように「予防や治療を行っている」「感染などを起こさないように院内の清掃や滅菌を徹底的に行っている」「患者さんの気持ちになってくれる」、そんな歯科医師を見つけましょう。もちろん、治療技術が高いことも大切です。人と人とのかかわりですので人柄も考慮しなければなりません。

おおたデンタルクリニックは、「地域のみなさんのために身近な歯医者でありたい」と考え、いつまでもみなさんのお口の健康サポートをしていきたいと日々診療しています。歯周病治療や予防にはとくに力を入れていますので、お口まわりのお悩みがありましたらお気軽にご相談ください。

初めての方へ 医院について

医院情報 先生・スタッフ紹介

おおたデンタルクリニックへのリアルタイム予約はこちら