お口の乾き、気になりませんか?

お口の乾き、気になりませんか?

お口の乾き、気になりませんか?

夜中にお口が乾いて目が覚める、食べ物が飲み込みづらい、お口の中がネバネバする……
そんな方は、ドライマウス(口腔乾燥症)かもしれません。何らかの原因で唾液の量が減ると、お口の中が乾き、全身の健康に悪影響を及ぼすことも。今回はそんな本当は怖いドライマウスについてお話ししたいと思います。

こんな症状があったら要注意!

・お口の乾き

・お口の中がネバネバする

・水分をよくとる

・食べ物が飲み込みにくい

・夜中にお口が乾いて目が覚める

・話しづらい

・食べ物の味が今までと違う

・舌が痛い、ひりひりする

ドライマウスの原因は?

・生理現象……体のリズムやホルモンの影響

・くすり……服用している薬の副作用

・病気……シェーグレン症候群、糖尿病、腎臓疾患など

・加齢……唾液の分泌機能の低下

・生活習慣……不規則な生活やストレス、偏った食事、飲酒や喫煙、過度なダイエットなど

ドライマウスが及ぼす悪影響

お口の中の汚れを洗い流してきれいに保つ働きがある唾液。ドライマウスになって唾液の量が減ると、むし歯や歯周病、口臭など様々なトラブルを招く恐れがあります。また唾液には殺菌・抗菌作用があり、その量が減ると細菌の増殖が抑えられず、風邪やインフルエンザなどの感染症にもかかりやすくなるんです。ご高齢の方ではお口の中の細菌が肺に入る誤嚥性肺炎のリスクが高まるので、より一層の注意が必要です。

ドライマウスの治療

痛みのある方には痛みを和らげる治療を優先して行い、同時に唾液の分泌をうながすお薬や人工唾液、口内を潤す保湿剤などを使って口内環境の改善を図ります。唾液腺のマッサージや、唇や舌を動かす筋肉トレーニングなどで症状が改善するケースもあります。また食事の際に噛む回数を増やす、ガムを噛む、キャンディーを口に含むなど、日常生活の中で無理なく行える工夫もご紹介し、症状の改善を目指します。

定期健診で早期発見・早期治療を

口腔内の乾きや舌の痛みなどでお悩みの方は、どうぞ福岡市早良区南庄の歯医者「おおたデンタルクリニック」までご相談ください。ドライマウスはここまでお話しした通り、お口の中だけでなく、全身に悪影響を及ぼすことのある怖い症状です。重大な病気が潜んでいることもあり、軽く考えて放置するのは大変危険です。当クリニックでは、ドライマウスをはじめとする口内の異状を早期発見し、大きなトラブルを未然に防ぐ定期健診を大切にしています。健やかな毎日のために、どうぞ「おおたデンタルクリニック」の歯科健診をご利用ください。

»ブログ一覧に戻る